AMオンラインという投資顧問会社があります。ネット上では悪徳投資顧問ではないかと言われていますがその噂は本当なのでしょうか。その実態を探るべくAMオンラインのサービス内容などを詳しく調査してみました。参考にしてみてください。

AMオンラインは本当に悪徳業者?その実態とは

AMオンラインは本当に悪徳業者?その実態とは

投資をしている人や投資に興味がある人は、ネットでさまざまな情報を収集することは多いでしょう。
保有中の銘柄はもちろん、検討中の銘柄や影響を受けやすい社会情勢まで、気になることは多いものです。
そんな中、投資顧問会社であるAMラインが悪徳会社という噂を目にしました。独自に検証してみたところ、AMオンラインが悪徳顧問会社であるという結論には至りませんでした。
では、なぜこのような噂が出るようになったのでしょうか。その経緯に触れながら、AMオンラインが実際はどんな投資顧問会社であるのかをまとめてみました。

AMオンラインはどんな投資顧問会社?

投資顧問会社が並ぶビル群AMオンラインは、2011年に設立された投資顧問会社です。AMオンラインが運営している「トレーダーズ・ブレイン・マーケット」のサイトを見てみると、全体的にスッキリした見やすいレイアウトと色使いがされています。
一般的に投資顧問会社のwebサイトというと、文字が大きかったり派手な色使いがされていたりするものをよく見かけますが、AMオンラインの「トレーダーズ・ブレイン・マーケット」にはそれが見られません。
投資顧問会社のwebサイトにありがちな文字が全体的に強調されたものや色の多用が目立つものだと、実際に必要なカテゴリーが分かりにくくなってしまうことがあります。
AMオンラインのサイトは、使う側が見たい情報をすぐに見つけられやすい作りですので、見たい情報がどこに書いてあるのかなどを探す時間のムダもなくスムーズな情報収集ができ、それが投資にも反映されるという印象です。
会員登録は無料で、これは他の顧問会社にも見られるものですが、気になる銘柄の無料相談まで受けられるだけでなく、現在保有中の銘柄についても相談できるという点は、投資家にとって心強いのではないでしょうか。
銘柄の適切な売り時や買い時を検討するために必要な情報を素早くキャッチできる、そしてそのために丁寧なサポートをしてくれるのがAMオンラインです。

投資顧問の悪い噂は何故出てくるのか?

投資顧問の悪い噂は何故出てくるのか考える人実際に運営しているwebサイトを細かくチェックし、サービスの内容を確認した限りではAMオンラインが悪徳の投資顧問会社であるという証拠や根拠にたどりつく要素は見られませんでした。
しかし、ではなぜ悪徳投資顧問会社であるという噂が出てしまったのでしょうか。さらに細かく調べていくと、噂の原因と考えられるものが浮上してきました。
実際に同じAMオンラインの名またはそれに類似した社名を名乗る会社が違法な勧誘などを行っていたことが原因のようです。これは、AMオンラインのwebサイトでも、その手口を始めとした内容を添えて注意喚起がされています。
勧誘の方法は電話やFAX、そして手紙や電子メールなどさまざまなものが使われており、未公開株の勧誘などが主なようで、AMオンラインが加盟している「日本証券投資顧問業協会」からも寄せられているものです。
AMオンラインを名乗る、または誤解を招くような類似の社名を使用した会社は、勧誘だけでなく個人情報を聞き出そうとする動きも見られています。
こうした悪徳な偽会社による被害を出さないためにも、AMオンラインでは自社のwebサイトで、分かっている限りの手口などを情報として掲載し、注意喚起をしているのです。
実在する会社や機関の名称を悪用したり、紛らわしい表現をしたりすることで情報を入手し、新たな被害を生むことは他の業種でも珍しいことではありませんが、このような怪しい勧誘には十分注意する必要があります。

AMオンラインの契約プランとは

AMオンラインの契約プランについて話し合う人たち投資は銘柄の情報収集だけでは的確な株の変動を把握するのは難しい部分があります。
その会社がどんな製品を開発しているかといった基本的な情報はもちろんですが、それがどこでどれくらい需要が見込めるかといった洞察力も求められます。
もちろん、リスクも考えておかなければいけません。さらに、国際情勢など外的な要因なども複雑に絡んでくるものです。
こうした、個人ではなかなか柔軟にキャッチしていくのが難しい細かい情報を収集して分析したものを提供する会社がAMオンラインです。
AMオンラインが運営する「トレーダーズ・ブレイン・マーケット」でさまざまなプランを利用できます。
サラリーマンや自身の仕事を抱えながらそのかたわらで投資を行う人にとっては、膨大な情報を自分で収集するのは至難の技です。
さらにそこから分析をしていくのは、知識や経験の浅い素人ではなかなか難しい部分があります。
「トレーダーズ・ブレイン・マーケット」が提供しているこのプランは、まさにかゆい所に手が届くといったプランではないでしょうか。この他にも、AMオンラインは無料で利用できるサービスやプランが充実しています。
また、経験が豊富なプロのアナリストによるコラムの掲載など、AMオンラインは投資家にとって多方面から必要な情報やサポートが受けられる投資顧問会社であることがうかがえます。