PLUSSOという投資顧問会社があります。ネット上では悪徳投資顧問ではないかと言われていますがその噂は本当なのでしょうか。その実態を探るべくPLUSSOのサービス内容などを詳しく調査してみました。参考にしてみてください。

PLUSSOは本当に悪徳業者?その実態とは

投資にはリスクはつきもので、絶対儲かるはありえない。

投資にリスクがあることを忠告する人必ず儲けが出せるような宣伝・広告をおこなう投資顧問業者が存在しますが、まず投資において必ず儲けが出せるということはないと認識しておきましょう。逆に言ってしまえば、必ず勝てる、儲かる、と喧伝している業者があったらそこは『絶対』に信用しない方が良いでしょう。

意図的に株価操縦などができない限りは、未来の株価がどうなるか誰にもわかりません。あくまで予想なのですから「絶対どうなる」とは言えないはずです。にも関らず、必ず儲けがでるかのような誘い文句は事実を偽っており、消費者を騙す行為であると言っても過言ではありません。

事実、こうした詐欺的な勧誘をおこなっている投資顧問業者は存在しています。なかでも無登録業者においてはその傾向が顕著であり、あからさまな誇大広告を打っているのをよく見かけます。そもそも無登録営業が違法行為ですから、嘘の広告を出しててもなんら不思議ではないのですが…。

無登録業者が金融商品取引法や証券業界の広告指針を遵守するとは考えにくいですから、こうした広告を制限するのは広告配信会社の努力に期待するしかありません。それに自作自演の口コミやランキングサイトも乱立していますので注意が必要です。

あとは、消費者一人一人が正しい認識を持って自己防衛することでしか防ぐことは難しいです。投資の世界に絶対がないという認識があれば、詐欺的な謳い文句や誘惑を防ぐことができるのではないでしょうか。

この認識を持っていれば、投資顧問を利用したとて必ず利益を出せるとは言えないこともわかります。投資顧問はあくまで投資パフォーマンス向上のために利用するものであり、利用したからといって必ず儲けを出せるわけではありません。

投資顧問を使っても投資には自己責任の原則があるため、損失を出したとしても、詐欺と判断される行為を行っていない限りは、その責任の所在を投資顧問業者に求めることはできません。投資助言者の助言を踏まえて最終的にどうするかの判断は自己にあることは忘れてはなりません。

ですから、それを逆手にとる業者も存在するでしょう。つまり、必ず儲かるかのような甘い勧誘で消費者を勧誘しておいて、その結果損失が出たとしても『投資は自己責任ですよ』と言い逃れするような業者もいるでしょう。

よって、「必ず」「絶対」といったように広告を出している業者を見かけたら疑うようにしましょう。

言葉巧みに勧誘しておいて、損をさせても知りませんは法律的にはお咎めが無かったとしても、道徳に反する行いです。しかし、そのような詐欺的な営業を行っている投資顧問の存在は少なくないと見ています。