AMオンラインという投資顧問会社があります。ネット上では悪徳投資顧問ではないかと言われていますがその噂は本当なのでしょうか。その実態を探るべくAMオンラインのサービス内容などを詳しく調査してみました。参考にしてみてください。

AMオンラインは本当に悪徳業者?その実態とは

AMオンラインでも注意喚起している違法投資勧誘業者

違法投資勧誘業者について話し合う人たち株式などを中心として投資に対する助言やサポートを行う業者や企業が最近増えてきているのですが、そんな投資助言事業を行っている企業や業者が最近注意喚起を行っているのが違法投資勧誘業者の存在です。
大手の投資助言業者として知られているAMオンラインを中心に、多くの企業などがホームページなど色々なところで注意喚起を行っています。
その理由として言われているのが大手の投資助言事業を行っている企業の名前や、それらの事業の被害者弁護団などを不正勧誘している業者の存在があるからです。
これらの違法投資勧誘を行っている集団は未公開株の購入を斡旋して手数料を騙し取ろうとする手口が中心となっており、それ以外にもインターネットを利用したフィッシング関連の手口などの悪質なものもいくつか報告されています。
手口のポイントは大手の投資助言事業を行っている企業の名前や、その被害者団体の名前を騙っているところの為、ある程度の知識を持っていなければ偽りの情報に惑わされて言われるがままに手数料を振り込んでしまうというケースが非常に多いのです。
このような問題はすでに日本証券投資顧問業協会から加盟している企業に対して情報が行き渡っているようです。
AMオンラインではホームページ上で自社が未公開株の勧誘を行っていない事を明記して注意喚起を行っていますし、AMオンライン以外の多くの投資助言事業の多くが色々な形で注意喚起をしている状態になっています。
現状ではどの程度の被害が出ているのかというところは不明ですし、騙られた企業がどの程度あるのかと言うところも分からない状態となっています。
なのでこのような悪質な行為を行っている集団に関しての情報も不明瞭となっているので、現時点での対策としては自衛をするようにすることが重要だとされています。
インターネットサイトの中にはこのような違法投資勧誘を行っているところに関する情報交換が行われているところもあるので、そちらを参考にしながら利用している投資助言事業のホームページなどを確認しておくことが自衛のポイントになっています。
またまだ事業を利用していないという人は突然、未公開株などの紹介が来た場合は違法取引の可能性があるという事を念頭に入れておく必要があるので、手数料などは振り込まずにすぐに警察などに相談するようにすることがおすすめされています。